ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    「久御山町第2期産業振興計画」「アクションプラン」

    • [公開日:2021年12月14日]
    • ID:1727

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    久御山町第2期産業振興計画


     本町では、産業の活性化を図るため、平成27年度に「久御山町産業振興計画」を策定しました。企業同士や産業支援機関間の交流、連携を図り、また本町には、企業が育つ環境・土壌があることから「つなぐ・つながる ものづくりの苗処 久御山」というコンセプトを打ち出し、産業施策を展開してまいりました。

      この度、計画期間が終了することから、これまでの取り組みと成果を踏まえつつ、変動する社会情勢に柔軟かつ積極的に対応する地域経済の持続的な成長を目指すその指針として、具体的な施策を位置づける戦略として「久御山町第2期産業振興計画」を策定しました。

     「久御山町第2期産業振興計画」においては、企業同士や産業支援機関間の交流、連携が引き続き重要なことから、「つなぐ・つながる」のキーワードを引き継ぎ、さらには町内事業者が持続して操業するためには、自社の理念や強みを見つめ、長期的なビジョンを持って事業者自身の成長を支援する必要があることから、キーワードに「そだてる」を加えます。そして、企業が育つ環境・土壌があるという町の産業を表した「ものづくりの苗処(なえどころ)」のコンセプトを受け継ぎ、目指すべき姿を「つなぐ・つながる・そだてる ものづくりの苗処 久御山」と設定しました。


    アクションプラン


     令和2年3月に策定した「久御山町第2期産業振興計画」に掲げた方向性を実現するため、計画期間中に実施する具体的な施策を整理するとともに、進捗状況を管理するためのツールとしてアクションプランを策定しました。

    計画期間


     上位計画である「久御山町第2期産業振興計画」の最終目標年次と合わせ、目標年次は令和6年までとしています。


    推進体制


     「久御山町第2期産業振興計画」に掲げた方向性を実現するため、産業支援機関や金融機関、京都府、有識者等の関係者によって構成する産業振興プロジェクトを令和3年6月に設置しました。アクションプランによる具体的な計画の推進を図るため、商工施策と農業施策それぞれのワーキングチームを組織しアクションプランについて毎年議論を重ね、計画の進捗管理やその時の状況に応じたプランにブラッシュアップします。


    アクションプラン(令和3年11月策定)

    お問い合わせ

    久御山町役場事業環境部産業・環境政策課(2階)

    電話: 075(631)9964、0774(45)3914

    ファックス: 075(631)6149

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム