ページの先頭です

地域医療と地域包括ケアで連携協定を締結

[2019年11月27日]

久御山町・社会医療法人岡本病院(財団)・社会福祉法人弥勒会の三者で連携協定

地域医療体制及び全世代型地域包括ケアシステムの構築等に向けて

 令和元年11月22日(金曜日)、久御山町と社会医療法人岡本病院(財団)、社会福祉法人弥勒会との間で、連携協力に関する相互連携協定を締結しました。

 この協定は、「医療・福祉・交流エリア」に位置づけられた第二京阪道路と府道宇治淀線の交差部における立地効果を高め、住民が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、医療と介護の関係機関が相互に連携を図るため締結したものです。

 社会医療法人岡本病院(財団)は、平成28年(2016年)に「医療・福祉・交流エリア」で京都岡本記念病院を開業しています。

 社会福祉法人弥勒会は、令和2年(2020年)度末までに同病院の南側に特別養護老人ホームを開業予定です。

  締結式に出席した信貴町長は「町の新たな基軸である全世代・全員活躍のまち構想の一翼を担っていただきたい」と述べました。

 協定書の内容は以下の項目となっています。

(1)地域医療体制及び全世代型地域包括ケアシステムの構築

(2)地域救急医療体制の確立

(3)災害時の地域医療・介護体制の構築

(4)地域の医療・保健・介護・福祉の関係機関との連携・相互協力 など

右から清水鴻一郎京都清水メディケアシステム会長、清水純子弥勒会理事長、信貴町長、藤井信吾岡本病院(財団)理事長

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場民生部住民福祉課(1階)

電話: 075(631)9902、0774(45)3902

ファクシミリ: 075(632)5933

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム