ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    母子健康手帳・妊産婦健康診査受診券・妊婦歯科健康診査受診票

    • [公開日:2022年5月12日]
    • ID:93

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    母子健康手帳

     母子健康手帳は、胎児期からの成長記録であるとともに、育児参考書としてもご活用いただけます。保健指導のうえで大変重要なものです。大切に保管し、健診や予防接種を受けるときには必ずご持参ください。

     母子健康手帳と一緒に、京都府内外の指定医療機関で受診される健康診査の費用の一部を補助する妊産婦健康診査受診券も発行します。詳しくは妊産婦健康診査受診券の案内をご覧ください。

     母子健康手帳の発行は、役場の子育て支援課で行っています。新型コロナウイルス感染症感染拡大予防のため、郵送や代理人の方での発行も行っていますのでご活用ください。

    <郵送の場合>

     発行に数日を要するため、次回の妊婦健康診査の受診までに余裕をもっての申請をお勧めします。妊婦さんへのアンケートも同封しますので、ご記入の上、返送してください。後日、保健師から、お電話で体調等を確認させていただきます。

    <代理人の方へ発行する場合>

     直接、子育て支援課の窓口にお越しいただき、代理人である旨を職員にお申し出ください。その際、代理人の方の身分を証明できるもの(運転免許証、マイナンバーカード等)をご提示ください。医療機関で発行される妊娠届出書をお持ちの場合はご持参ください。母子手帳・妊産婦健康診査受診券とあわせて、妊婦さんへのアンケート・返信用封筒もお渡ししますので、ご記入の上、返送してください。後日、保健師からお電話で体調等を確認させていただきます。

    <記念プレゼント>

     令和4年度から妊娠の記念として、ベビーグッズ(スティックラトル、コットンミニタオル)、お母さんの口腔ケアグッズを母子手帳発行時にプレゼントしています。



    マタニティマーク

     また、妊婦さんへの思いやりをマークにした、マタニティキーホルダーを交付しています。
    このキーホルダーを付けているお母さんを見かけたら思いやりのある気遣いをお願いいたします♪

    妊産婦健康診査受診券

     久御山町では、妊産婦健康診査受診券を発行し、妊産婦さんが、健診費用の心配をせずに必要な回数を受けられるよう、町が費用の一部を助成します。

     久御山町に住民登録されている方で、妊娠判明後、妊娠届出をされれば母子手帳と一緒に妊産婦健康診査受診券を交付します。

    【回数等】

    妊婦健診:14回(多胎は20回)

    産婦健診:産後2週間、産後1か月など出産後間もない時期の健診で、1回の出産につき、2回まで


    この受診券を使用される場合は、久御山町に住民登録されていることが必要です。

    ※久御山町から転出された場合は無効となります。

    ※転出される場合は、転出先の市町村へ問い合わせてください。


    【転入された方】

    他市町村よりご転入された方は、前住所地で交付された妊産婦健康診査受診券を子育て支援課窓口までお持ちください。

    久御山町の妊産婦健康診査受診券と交換します。

    ※母子健康手帳は前住所地で交付されたものをそのまま使用できます。


    [京都府以外等の医療機関で妊産婦健康診査を受けられる妊婦さんへ]

     京都府・大阪府・滋賀県・奈良市の妊産婦健康診査協力医療機関以外で妊産婦健康診査を受けられる方は、一旦医療機関等にて、受診費用をお支払いいただき、その後、町にご請求ください。その際、領収書の金額通り還付できない場合があります。 

      規定の金額を上限として領収書の範囲内で支給します。

     下記書類を添えて、健診受診日の1年以内に子育て支援課に提出してください。


    【提出書類】

    ○妊産婦健康診査助成金申請書

    ○妊産婦健康診査受診券(健診結果を受診機関で記入したもの)
      ※健診前に、主治医に受診券を提示して了解を得てください。

    ○該当健診の領収書(原本)

    妊産婦健康診査助成金申請書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    妊婦歯科健康診査受診票

     久御山町では、妊婦歯科健康診査を実施しています。

     妊娠中はホルモンバランスや生活が変化するので、むし歯や歯周病になりやすくなっています。

     また、出産後は授乳などの育児に追われ、歯科受診が難しくなりがちです。

     しかし、子どものむし歯の原因は母親からの感染によるものも多くあり、母親が妊娠中に口腔をきれいに保つことで、生まれてくる子どもへのむし歯菌の感染を防ぐことにつながります。

     ぜひ、この機会に妊婦歯科健康診査を受診し、口腔内の健康を保つようにしてください。


     この受診票を使用される場合は、久御山町に住民登録されていることが必要です


    ◎対象者:

      妊婦歯科健康診査受診票(以下、受診票)を持っている妊婦

    ※久御山町から転出された場合には無効となります。

    ※受診票は、母子健康手帳・妊産婦健康診査受診券と併せて交付します。

    ◎費用:

     無料(協力医療機関で受診された場合)

    ◎受診期間等:

     受診票を受け取ってから出産までの期間に1回のみ受けられます。

    ◎受診医療機関:

     久御山町・宇治市・城陽市の妊婦歯科健康診査協力医療機関 

    ◎受診時の持ち物:

     母子健康手帳・久御山町妊婦歯科健康診査受診票・保険証・歯ブラシ


    [協力医療機関以外で妊婦歯科健康診査を受けられる妊婦さんへ]

     協力医療機関以外で受診される場合は、費用の一部を町が負担します。

     下記書類を添えて、健診受診日の1年以内に子育て支援課に提出してください。

     保険診療(治療等)として受診された場合は対象外となります。


    【提出書類】

     ○妊婦歯科健康診査助成金申請書

     ○受診結果が記入された受診票

     ○領収書(原本)




    妊婦歯科健康診査助成金申請書

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    久御山町役場民生部子育て支援課(1階)

    電話: 075(631)9904、0774(45)3905

    ファックス: 075(632)5933

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム