ページの先頭です

軽自動車税種別割

[2021年7月20日]

軽自動車税種別割とは

 軽自動車税は、税制改正により、令和元年10月1日から軽自動車税種別割に名称が変更されました。

 ※グリーン化(注)を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した三輪以上の軽自動車については、平成28年度から概ね20%の重課となっています。

 (注) グリーン化とは、自動車が環境に大きな影響を与えていることなどから、自動車環境対策として環境負荷の大きい自動車には税率を重く(重課)し、環境負荷の小さい自動車には税率を軽く(軽課)するものです。

軽自動車税種別割の税額

原付やバイクなど

車種区分

税額

原動機付         50cc以下

自転車           50cc超90cc以下

               90cc超125cc以下

                 ミニカー

2,000円

2,000円

2,400円

3,700円

二輪の軽自動車

(側車付のもの   125cc超250cc以下

を含む。)

3,600円

二輪の小型自動車(250cc超)

6,000円

小型特殊自動車等

車種区分

税額

農耕作業用のもの

2,400円

その他のもの(特殊自動車等)

5,900円

もっぱら雪上を走行するもの

3,600円

四輪車・三輪以上の車両

車種区分

  初度検査年月

平成27年3月以前

  初度検査年月

平成27年4月以降

初度検査年月

から13年経過(重課)

四輪以上     乗用・営業用

           乗用・自家用

           貨物用・営業用

           貨物用・自家用

       5,500円

       7,200円

       3,000円

       4,000円

       6,900円

       10,800円

       3,800円

       5,000円

     8,200円

       12,900円

       4,500円

       6,000円

三輪         

       3,100円       3,900円

4,600円

軽自動車税のグリーン化特例(軽課)

 グリーン化特例(軽課)については、令和3年度税制改正により以下のとおり見直されました。

対象及び軽課割合
軽乗用軽貨物用
対象車内容対象車内容
電気自動車等税率を概ね75%軽減電気自動車等税率を概ね75%軽減
R12年度燃費基準×90%達成車税率を概ね50%軽減
R12年度燃費基準×70%達成車税率を概ね25%軽減

※「電気自動車等」:電気自動車及び天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合または平成21年排出ガス規制からNOx10%低減達成車)とします。

※「初度検査年月」が令和3年4月から令和5年3月までの車両について、翌年度分に限り、特例が適用されます。

※電気自動車等以外の軽課対象は、営業用乗用のみです。

軽課を適用した場合の税額
区分標準税率25%軽減50%軽減75%軽減
軽三輪3,900円1,000円
軽四輪乗用(営業用)6,900円5,200円3,500円1,800円
軽四輪乗用(自家用)10,800円2,700円
軽四輪貨物用(営業用)3,800円1,000円
軽四輪貨物用(自家用)5,000円1,300円

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

組織内ジャンル

総務部税務課(1階)

お問い合わせ

久御山町役場総務部税務課(1階)

電話: 075(631)9926、0774(45)3908

ファクシミリ: 075(632)5933

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム