ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    新型コロナウイルスに感染した、もしくは不安のある方へ

    • [公開日:2022年12月16日]
    • ID:3926

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    検査を希望される場合の相談・受診・検査の流れ

    発熱症状などのある方

    かかりつけ医や発熱外来のある医療機関等にお電話ください。診察した医師の判断により検査を実施、または検査のできる医療機関をご案内します。

    医療機関の判断により、発熱症状などのある方に医療機関から検査キットをお渡しすることがありますが、すべての医療機関で検査キットをお渡しするのではありませんのでご注意ください。

    受診可能な医療機関等、より詳しい情報は京都府ホームページ「検査を希望される方へ(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    ※休日・夜間やかかりつけ医のいない場合

    「きょうと新型コロナ医療相談センター」にお電話ください。外国語対応も可能です。メールやFAXでの問い合わせは、回答まで時間がかかる可能性があります。また、体調等について、折り返しお尋ねすることがありますのでご了承ください。

    きょうと新型コロナ医療相談センター

    電話番号:075-414-5487 (365日24時間対応 京都府・京都市共通)

     FAX :075-414-5990

     MAIL :coronasoudan@pref.kyoto.lg.jp

    無症状の方

    京都府在住で、飲食やイベント、旅行・帰省等で検査の受検が必要な方や感染不安を抱える方を対象に、陰性を確認できる検査を無料で実施しています。発熱・咳などの症状がある方、陽性者・濃厚接触者の方(無症状の場合を含む)、会社等の指示で検査を希望する方は、無料検査の対象外となります。

    無料検査実施事業所等、より詳しい情報は京都府ホームページ「無症状者に係る無料検査について(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    陽性が判明した後の流れ 12/14現在

    発生届の届出対象かどうかで流れが異なります。下記は12/14現在の情報で、今後変更となる可能性もあります。最新の情報については、京都府ホームページ「新型コロナウイルス感染症の陽性となった方へ(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    発生届
    (A)届出対象(B)届出対象外
    ①65歳以上の方1.医療機関で陽性の判断を受け、
    左記①~④に当てはまらない方
    ②入院を要する方2.6~64歳の方で、重症化リスクが低く、
    自己検査や無料検査で陽性となった方
    ③重症化リスクがあり、
    新型コロナ治療薬の投与や酸素投与が必要な方
    -
    ④妊娠している方-

    (A)発生届の届出対象の方

    ①検査を受けた医療機関から検査結果が通知されます。その後、お住まいの地域の保健所から連絡が入りますので、ご自宅でお待ちください。

    ②お住まいの地域の保健所から電話又は携帯電話へのショートメッセージサービス(SMS)で療養先の調整と調査が通知されます。(無料検査所を利⽤された場合や京都市や他府県の医療機関を受診された場合は、他自治体の保健所経由で発⽣届が出されるため、時間を要することがあります。)

    宿泊療養(※1)や生活支援物資(※2)などの療養支援を希望される方は、「京都府新型コロナ健康フォローアップセンター」に申し込みをしてください。(申込先については保健所から案内します)

    ※1 宿泊療養施設の入所については、申込みに基づき、京都府入院医療コントロールセンターと調整の上、入所を決定します。

    ※2 生活支援物資は、無症状の方や、有症状の場合で症状軽快から24時間経過し食料品の買い出しが可能な方、外出可能な同居家族がいる方は対象外です。

    ③自宅療養か宿泊療養をして頂き、療養解除基準を満たすまでの期間、療養していただきます。詳しい情報は京都府ホームページ「ご自宅で療養される方へ(別ウインドウで開く)」「宿泊療養をされる方へ(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    ④療養中に症状が悪化した場合は、日中は保健所、夜間は京都府新型コロナ健康フォローアップセンターに連絡してください。必要に応じて、医療機関の受診等を調整させていただきます。

    ⑤療養終了日の翌日以降は外出していただけますが、引き続き適切な感染対策を心がけてください。自宅療養の方の療養期間は保健所からの初回連絡時にご案内し、原則、保健所から療養解除時の連絡は行いません。なお、高齢者や基礎疾患のある方などのうち、重症化リスクを有する方や高熱が続く方などには、保健所等が健康観察を行い、療養解除をお知らせする場合があります。療養解除の考え方については、京都府ホームページ「自宅療養終了の基準(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    (B)発生届の届出対象外の方

    医療機関から保健所に対して届出がないため、保健所からの連絡(電話・SMS​)はありません。

    ②【医療機関で陽性と診断された場合】医療機関で配布された「新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明した方へ」に従い、「京都府新型コロナ健康フォローアップセンター」に登録の上、自宅療養を開始してください。宿泊療養(※1)や生活支援物資(※2)などの療養支援を希望される方は、「京都府新型コロナ健康フォローアップセンター」に申し込みをしてください。(申込先は医療機関で配布された「新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明した方へ」または、登録された方は「京都府新型コロナ健康フォローアップセンターからの登録完了メール」に記載されています。)

    【65歳未満の重症化リスクのない方で、抗原定性検査キットや無料検査で陽性が判明した場合】その診断・検査結果を電子申請し登録することで、宿泊療養(※1)や生活支援物資(※2)などの療養支援を受けることが可能になります。登録を希望される方は、「京都府新型コロナ健康フォローアップセンター(別ウインドウで開く)」に電子申請をしてください。(療養支援の申込先は陽性登録完了時にセンターからショートメッセージサービス(SMS)で通知されます。)

    ※1 発生届対象外の方は、重症化リスクのある同居者等(高齢者や基礎疾患のある方、妊娠している方、医療・介護従事者等)に感染させたくない等の場合のみ宿泊療養をご利用いただけます。宿泊療養施設の入所については、申込みに基づき、京都府入院医療コントロールセンターと調整の上、入所を決定します。

    ※2 生活支援物資は、無症状の方や、有症状の場合で症状軽快から24時間経過し食料品の買い出しが可能な方、外出可能な同居家族がいる方は対象外です。

    ③自宅療養か宿泊療養をして頂き、療養解除基準を満たすまでの期間、療養していただきます。詳しい情報は京都府ホームページ「ご自宅で療養される方へ(別ウインドウで開く)」「宿泊療養をされる方へ(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    ④自宅療養中に症状が悪化した場合は、京都府新型コロナ健康フォローアップセンターに連絡してください。必要に応じて、医療機関の受診等を調整させていただきます。

    ※京都府新型コロナ健康フォローアップセンター(健康相談班)の連絡先は、以下に記載があります。

    ・医療機関で陽性と診断された方は、医療機関で配布された「新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明した方へ」

    ・自己検査や無料検査で陽性となり健康フォローアップセンターへ登録いただいた方は、センターからお送りするショートメッセージサービス(SMS)の案内

    ⑤療養終了日の翌日以降は外出していただけますが、引き続き適切な感染対策を心がけてください。療養解除の考え方については、京都府ホームページ「自宅療養終了の基準(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    食料品等の調達が困難な方に対する買い物代行について

    久御山町では、新型コロナウイルス感染症に感染するなどして、保健所から自宅での療養や待機を要請されたが、親族等から援助を受けることが困難な方を対象に、食料品や生活必需品などの買物を代行する事業を実施しています。利用料は無料ですが、食材等については自己負担とし、購入場所は選べません。療養期間終了後、購入代金分の納付書をお送りしますので、金融機関等で納付してください。詳しくは、新型コロナウイルスの感染者・濃厚接触者として保健所から自宅療養等を要請された方へ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    濃厚接触者の待機期間について 12/14現在

    新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の待機期間は、感染者と最終接触した日から5日間(6日目解除)ですが、2日目及び3日目の抗原定性検査キットを用いた検査で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除が可能です。これは12/14現在の情報ですので、濃厚接触者の定義やパターン別の待期期間の取り扱い等も含んだ、詳しい最新情報は京都府ホームページ「新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に係る待機期間について(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    宿泊・自宅療養証明書の発行について

    「宿泊療養・自宅療養証明書」ついては、保険会社等への保険金の請求等に係る証明としてご利用いただくことが可能です。保険給付条件等については、加入されている保険会社にご確認ください。個別の保険会社等の様式への記載・証明は行っていません。

    令和4年9月26日以降に新型コロナウイルス感染症の診断を受けられた方

    (A)発生届の届出対象の方

    MyHER-SYS(別ウインドウで開く)による療養証明書が利用できます。使い方等詳しい情報は、京都府ホームページ「MyHER-SYSによる療養証明書の発行について(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    (B)発生届の届出対象外の方

    新型コロナウイルス感染症の診断を受け、京都府内の宿泊療養施設又は自宅で療養された方に対する療養証明については、保健所や京都府新型コロナ健康フォローアップセンターからは発行しません。保険会社への入院給付金の請求等に必要な代替書類は、各自が加入している保険会社等によります。契約されている保険会社へ直接お問い合わせください。


    【新型コロナウイルスに罹患したことが確認できる代替書類として利用可能性のある書類の例】

    ・医療機関名や発症日等が記載されている医療機関で配布された「新型コロナウイルス感染症の検査で陽性が判明した方へ」

    ・診療明細書(医学管理料に「二類感染症患者入院診療加算」(外来診療・診療報酬上臨時的取扱を含む)が記載されたもの)

    ・医療機関等で実施されたPCR検査や抗原検査の結果がわかるもの

    ・コロナ治療薬が記載された処方箋・服用説明書

    ・健康フォローアップセンターへの登録結果(SMS等)

    ・PCR検査や抗原検査を実施する検査センター(医療機関以外でも可)の検査結果(市販の検査キットは除く)など

     ※ 濃厚接触者の方について、自宅待機期間等の証明は行っておりません。

     ※ 陰性証明等は行っていません。

    令和4年9月25日までに新型コロナウイルス感染症の診断を受けられた方

    新型コロナウイルス感染症の診断を受け、京都府内の宿泊療養施設又は自宅で療養された方に対して、療養証明書を発行します。発行を希望される方は、療養終了後、電子申請または郵送により申請をお願いします。発行は1通のみです。複数機関への提出が必要な場合は複写にてご対応ください。下記記載のMyHER-SYSの使い方等、詳しい情報は京都府ホームページ「宿泊療養・自宅療養証明書の発行について(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    申請から発行まで、2~3ヵ月程度かかる場合があります。お急ぎの方は、スマートフォンなどから、「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム(HER-SYS)(別ウインドウで開く)」にアクセスし、MyHER-SYSの画面からご自身で新型コロナウイルス感染症に罹患した旨の療養証明を表示することができますので、MyHER-SYSで表示できる療養証明の御活用をお願いします。

    傷病手当金について

    久御山町国民健康保険の被保険者のうち、新型コロナウイルスに感染、または発熱等の症状があり感染が疑われ、その療養のため労務に服することができなかった被用者(給与の支払いを受けている人)を対象に、傷病手当金を支給します。申請には要件がありますので、まずは国保健康課にお問い合わせください。より詳しい情報は、久御山町ホームページ「新型コロナウイルス感染症にかかる傷病手当金の支給(国民健康保険)(別ウインドウで開く)」をご覧ください。

    感染後の後遺症やワクチンの副反応が不安な方

    新型コロナウイルス感染症の後遺症についての相談

    「きょうと新型コロナ後遺症相談ダイヤル」では、症状や体調に関する相談、症状に応じた診療科の案内や、症状が長引いている場合は専門外来の紹介等を行っています。新型コロナウイルス感染症の療養終了後も症状が数週間続き、日常生活に支障をきたす場合は、ひとりで悩まず、後遺症相談ダイヤルにご相談ください。

    きょうと新型コロナ後遺症相談ダイヤル

    電話番号 : 075-414-5338 (365日24時間対応)

    医学的知見が必要となる副反応等についての相談

    「京都府コロナワクチン副反応相談センター」では、ワクチン接種後の副反応など、医学的知見が必要な相談に看護師・薬剤師が対応します。外国語対応も可能です。

    京都府コロナワクチン副反応相談センター

    電話番号 : 075-414-5490 (365日24時間対応)

    町民の皆さまへのお願い~感染拡大防止に向けた実践~

    新型コロナウイルス感染症は、依然として蔓延状況にありますが、withコロナとして社会生活を維持してくという考え方も必要です。改めて「手洗いの徹底・消毒・マスクの着用」「ソーシャルディスタンスの確保」など3密を避ける行動を実践し、引き続き感染対策をお願いします。

    基本的な対策/5つの場面 (上記画像の大きなサイズ)

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    その他リンク集

    新型コロナワクチン接種について

    新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

    感染拡大防止のための特設サイト

    お問い合わせ

    久御山町役場民生部国保健康課(1階)

    電話: 075(631)9913、0774(45)3906

    ファックス: 075(632)5933

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム