ページの先頭です

前川堤の桜並木

[2010年3月26日]

 東一口(ひがしいもあらい)の前川(巨椋池排水幹線)堤の両岸には約300本を数える桜が植えられています。
ソメイヨシノが主で、4月初旬の開花期に、両岸の堤を埋め尽くすように咲きそろう桜は見事で、夜になると雪洞(ぼんぼり)やライトアップに浮かび上がる景観も風情があります。

 毎年、春の訪れとともに、憩いの場として多くの人々でにぎわっています。平成7年に「京都の自然200選」(歴史的自然環境部門)に選定されています。
 桜並木は、優れた自然環境を保全しようと、地元の前川桜並木愛護会によって手入れされています。

※ 平成21年度に河川改良工事のため、桜並木の一部が伐採されました。掲載している写真とは景観が若干異なりますのでご了承ください。

 

前川堤の桜並木の写真

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場総務部総務課(3階)

電話: 075(631)9991、0774(45)3922

ファクシミリ: 075(632)1899

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム