ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書交付申請

[2021年7月27日]

新型コロナワクチン予防接種証明について

新型コロナウイルスワクチンを接種した人は、以下により接種済みであることを示すことができます。

国内での証明

1 新型コロナウイルワクチン 予防接種済証

 接種券の右側が予防接種済証となります。

 (国内での証明となります)

2 新型コロナワクチン接種記録証

 接種券付き予診票で接種された方(医療従事者および高齢者施設等の従事者)

海外渡航のための証明

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について申請受付を開始いたします。

1 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた方で、海外渡航のためワクチンを接種済みであることを示す公的な証明が必要な方に対して予防接種法施行規則に基づき、予防接種証明書を発行します。

2 交付申請の方法

窓口申請もしくは郵送での申請となります。

即日発行はできません。

必要書類

   ◆ 申請書

   ◆ 旅券(パスポート)

   ◆ 接種記録の照会に必要な書類      

     ・個人番号カード(マイナンバーカード)、またはマイナンバー記載の住民票  

     ・運転免許証、健康保険証など

     ・接種券右側の接種済証または接種記録証(医療従事者、介護施設従事者等)

     ・接種済証等がない場合は予診票の写し(接種したところでもらってください)


  ◆郵送での送付を希望する場合は、切手を添付した返信用封筒(返送先の住所・宛名等を記載)

 (窓口申請の場合も、後日窓口に受け取りに来れない場合は返信用封筒を準備してください。)

代理人が申請する場合(本人申請書類に加えて必要)

  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードなど)
  • 海外に行く人の旅券(パスポート)の写し

接種後に住所や氏名を変更した場合

住所を変更したことを証明する書類(住民票や戸籍の写しなど)

旅券に表記されている氏名と住民票上の氏名が異なる場合

旅券に表記されている氏名と住民票上の氏名の人物が同一であることがわかる書類(旧姓・別姓・別名が記された住民票や運転免許証、戸籍の写しなど)
※上記以外にも必要書類を提出いただく場合があります。

入国時等において接種証明書が利用可能な国

イタリア・オーストリア・トルコ・ブルガリア・ポーランド(令和3年7月21日時点)

※ 韓国については、接種証明書は、隔離免除書発行に必要な書類のうちの一つである「予防接種証明書」として認められます。

留意事項

  1. 上記以外の国・地域については現在確認中であり、確認ができ次第随時、外務省ホームページで公表されます。
  2. 世界各国において、現時点でどのような入国制限措置及び入国に際しての条件・行動抑制措置がとられているかについては、以下の外務省海外安全ホームページをご参照ください。証明書の提示によって一部の防疫措置が緩和される場合であっても、その他の制限は引き続き引用される場合があります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場民生部国保健康課(1階)

電話: 075(631)9913、0774(45)3906

ファクシミリ: 075(632)5933

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム