ページの先頭です

茶摘み

[2010年3月20日]

 夏も近づく八十八夜。この頃、木津川の遊水地帯、佐山浜台の茶園から風にのって新芽の香が運ばれてきます。
 生産されるのは、抹茶の原料となる碾茶(てんちゃ)で、4月上旬頃から芽の成長を防ぎ、潤沢のある芽を育てるため、覆い掛けの作業が始まります。そして、八十八夜を過ぎる頃、芽の成長を待って茶摘みがおこなわれます。この時期、茶園には多くの女性が集まり、昔ながらに手摘みによる茶摘み風景は、久御山町の初夏の風物詩ともいえます。

 

浜台の茶園で茶摘をする写真

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

久御山町役場総務部総務課(3階)

電話: 075(631)9991、0774(45)3922

ファクシミリ: 075(632)1899

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム