ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    新型コロナ感染症の相談・受診・検査体制

    • [公開日:2022年2月1日]
    • ID:3926

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    相談・受診・検査の流れ

    1.発熱症状などのある方

    かかりつけ医や発熱外来のある医療機関など、お近くの医療機関に電話。

    →診察した医師の判断により検査を実施。

     (または、検査のできる医療機関を案内します。)

    2.休日・夜間やかかりつけ医のいない方

    「きょうと新型コロナ医療相談センター」に電話。

    電話番号 : 075-414-5487 (365日24時間、京都府・京都市共通)

    FAX : 075-414-5990

    MAIL : coronasoudan@pref.kyoto.lg.jp

    ※外国語対応も可能です。


    【関連リンク】

    新型コロナウイルス感染症に関する相談・受診・検査方法について(京都府ホームページ)(別ウインドウで開く)<外部リンク>


    ★その他各種相談窓口★

    新型コロナウイルス感染症の後遺症についての相談

    療養を経て回復しても倦怠感などの全身症状、記憶障害や集中力低下などの後遺症で苦しむ人のための、専用相談窓口です。

    症状や体調に関する相談、症状に応じた診療科の案内、精神的なサポートが必要な場合の相談窓口の案内などを看護師が行います。


    きょうと新型コロナ後遺症相談ダイヤル

    電話番号 : 075-414-5338

    受付時間 : 365日24時間

    医学的知見が必要となる副反応等についての相談

    「接種後3日経っても腫れているが、医療機関を受診したほうがよいか」等の相談について看護師・薬剤師が対応します。


    京都府コロナワクチン副反応相談センター

    電話番号 : 075-414-5490

    受付時間 : 365日24時間

    ※外国語対応も可能です。

    町民の皆さまへのお願い~感染拡大防止に向けた実践~

    新型コロナ感染症は、依然として蔓延状況にあり、次の波に備える必要があります。改めて「手洗いの徹底・消毒・マスクの着用」「ソーシャルディスタンスの確保」など3密を避ける行動を実践し、引き続き感染対策をお願いします。

    新型コロナウイルス感染拡大防止~定期的な「換気」と「加湿」が有効~

    会話やくしゃみにより発生するエアロゾル(小さな飛沫)は長時間空気中を漂います。

    定期的な「換気」と「加湿」により飛沫感染を抑えましょう。

    参考として空気中に漂う飛沫のイメージ図を理化学研究所ホームページ(別ウインドウで開く)でご確認いただけます。

    改めて基本的な対策へのご協力をお願いします。

    感染リスクが高まる「5つの場面」

    冬のコロナ対策へのご協力もよろしくお願いします。

    詳しくは厚生労働省ホームページリンク(別ウインドウで開く)でご確認ください。


    お問い合わせ

    久御山町役場民生部国保健康課(1階)

    電話: 075(631)9913、0774(45)3906

    ファックス: 075(632)5933

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム